12月 22nd, 2006

Solarisぜ SSLソケット通?

Posted in Solaris by admin

 Solaris上ぜ opensslライブラリを利用したHTTPSクライアントを作成した時、2日間位ボ マってしまった箇所があった。ソケット通信ぜ connect時にエラーが発生してしまう。その? 、エラー? 因がソケットのファイルディスクリプタ操作関数である”fcntl”のオプションによる問題だという事が判昜 しました。

// NG
if (fcntl (sd, F_SETFL, O_NONBLOCK) < 0)
// OK
if (fcntl (sd, F_SETFL, (int) O_NDELAY) < 0)

上記ぜ 1行だけで動作を確? 。理由がはっきりと゜ からないのでメモ。つまり、Solaris(というよりopenssl)ぜ POSIX準拠ではないということか?

O_NDELAY ボ ンブロッキン゜ I/O
O_NONBLOCK POSIX 型 ボ ンブロッキン゜ I/O
O_LARGEFILE ラージファイルを使用可能にしてファイルシステムをマウントし、O_LARGEFILE オプションでファイルをオープンすると、ファイルを 2 GB を超えて? やすことができます。

You can leave a comment, or trackback from your own site. RSS 2.0

Leave a comment