12月 15th, 2008

JDKインストール、RPM版と自己解凍方? 版

Posted in Java by admin

 JDK1.4.1以降、Sunの朏 供するJDKぜ RPMパッケージが含まれるようになりました。JDK1.6版を例に、これまでの自己解凍方? 版との相違点を以? のように簡単にまとめました。

rpm版
 ボ /usr/java配下ぜ /etc配下ぜ /opt配下にファイルがインストールされる
 ボ /etc配下には、jexecサービスの関連ファイルがインストールされ、redhatサービスにも登録される
 ボ /opt/sun配下には、JavaDB関連ファイルがRPM(sun-javadb-XXX.rpm)でインストールされる
自己解凍版
 ・直? のディレクトリぜ jdk1.6.0_XXディレクトリが展開される
 ボ jexec関連ファイルは? 開されるが、サービス登録はされない
 ボ JavaDB関連ファイルは、jdk1.6.0_10/db配下に置かれる

 RPMの場合、rpmコマンドによるパッケージ管理の対象になるのが利点ですが、余計なファイルやサービス登録が行゜ れるので、個人的にはひとつのディレクトリに圏 まる自己解凍版の方が使いやすいです。また、rpm版だとホスト上に? 数バージョン地 入する事が出来ない気がします。

You can leave a comment, or trackback from your own site. RSS 2.0

Leave a comment