7月 17th, 2009

httpdコマンドexitステータ゜

Posted in Apache by admin

Apache2.0以降では、apachectlのコメントには以下のような注釈がある。

# The exit codes returned are:
# XXX this doc is no longer correct now that the interesting
# XXX functions are handled by httpd
# 0 – operation completed successfully
# 1 -
# 2 – usage error
# 3 – httpd could not be started
# 4 – httpd could not be stopped
# 5 – httpd could not be started during a restart
# 6 – httpd could not be restarted during a restart
# 7 – httpd could not be restarted during a graceful restart
# 8 – configuration syntax error

ここに? 義されたexitステータスは既に正しぜ ないです、httpdコマンドぜ exitステータスをそのまま蜿 します、という? 味のようだが、確かぜ Apache1.3.x辺りのバージョンでぜ apachectl内ぜ 0~8のリターンコードをボ ンドリングしていたような? 憶がある。

httpdコマンドぜ exitステータスで特徴的なのは、pidファイルのプロセスが既に起動している時に起動コマンドを実行して「httpd (pid XXX) already running」となる場合。起動に失敗したのでエラーではないか?と考えてしまうが、既に起動しているのでエラーではなぜ ステータスぜ “0″を返却する。同様ぜ pidファイルもなぜ 、プロセスが起動していない時に停止コマンドを実行して「httpd (no pid file) not running」となる場合も、既に停止しているのでステータ゜ “0″を返却する。exitステータスでエラーボ ンドリングする場合は、少しだけ注? が必要。

You can leave a comment, or trackback from your own site. RSS 2.0

Leave a comment